借地権付建物、底地の適正価格の判定のための不動産鑑定評価

借地に関する諸問題として、例えば「古くからの土地賃貸借契約が続いているが、地主・借地人双方とも代替わりしてしまい、そろそろ借地を買い取って欲しいと借地人から要請を受けた」等のケースをご相談いただく機会が増えております。
借地権や底地の適正な市場価値というのは非常に把握が困難です。
その理由としては、借地権や底地はと りわけ「相対取引」の性格が強く市場が形成されているものではありません。 不動産鑑定評価書では、収集できうる諸データや複数の手法を用いて、理論的に市場価値を求めます。ぜひご活用ください。

適正な家賃、地代の判定のための不動産鑑定評価

地主様、オーナー様にとって、切っても切れない問題が、この「地代・家賃」だと思います。中には適正な地代・家賃を巡って訴訟になるケースも多々見受けられます。
当社では、訴訟になった際の不動産鑑定評価書の作成はもちろんのこと、当事者間での交渉段階でご利用していただくための不動産鑑定評価書作成、単純に現在の市場相場を把握するための査定書の作成等、様々なニーズにご対応いたします。
当事者間での交渉段階での鑑定評価書に関しては、ご要望があれば相手方に同行しご説明させていただきます(ただし1回限り。それ以降の交渉の場合には、提携の弁護士先生をご紹介させていただきます)。

お客様が現行お支払いいただいている賃料と、当事務所の評価による適正賃料との比較例です。交渉材料として利用可能です。

所在 用途 対象階 契約面積 直近の実際支払賃料 鑑定評価による適正賃料 差額
東京都
目黒区
事務所 2F 304.50㎡ 791,700円 776,500円 ▲15,200円
東京都
千代田区
店舗
事務所
1F~6F 168.03㎡ 1,850,000円 1,330,300円 ▲519,700円
東京都
千代田区
事務所 8F~13F 4,903.80㎡ 31,822,000円 30,280,000円 ▲1,542,000円
神奈川県
川崎市
店舗 1F 367.05㎡ 1,332,400円 1,285,000円 ▲47,400円

※当事務所は、あくまで適正賃料を判定した鑑定評価書・調査報告書を作成するものであり、その後の交渉はお客様ご自身でお願いいたします。

不動産保有法人設立コンサル

アパート、マンション経営をされる不動産オーナーさまの節税対策として、法人設立の上不動産を移転する方法がございます。当社は関連会社「士業ネットワークのあかつき不動産株式会社」と連携し、また大手金融機関のバックアップも受け、不動産鑑定評価を使った、他にはない効果的な節税スキームのご提案が可能です。お気軽にお問い合わせください。

不動産に関する契約書作成・チェック

保有のマンション・アパート・ビル・駐車場等の契約書の作成、チェックを行っています。
・契約書の作成・・・1件50,000円(税別)
・契約書のチェック・・・1件35,000円(税別)

農地転用・開発許可申請代行

関連の行政書士事務所である「あかつき法務サービス」にて代行させて頂きます。面倒な開発許可申請なら当社へ。また農地転用3条・4条・5条いずれのケースにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

不動産管理会社の会計記帳代行

日々の面倒な会計記帳も関連会社「あかつき法務サービス」にお任せください!決算書作成に関しては必要に応じて提携税理事務所をご紹介させて頂きます。
・会計記帳代行・・・月額10,000円(税別)*1法人あたり

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。