ブログ 世の中のいろいろ

次へ>>

会社近隣のおすすめ飲食店②[ブログ]

投稿日時:2018/06/21(木) 18:42


こんにちは!

「神奈川県横浜市」「不動産鑑定士」といえば「あかつき不動産サービス」です!
神奈川・東京はもちろん全国対応しているフットワークの軽い不動産鑑定士です!


さて、4月上旬に第一回目のこのネタを書いて、三か月近く感覚が空いてしまいました。


・・・ひどくない、それ!?
この企画の存亡の危機ですね(誰も期待していない説もありますが)。


もう少しこまめにアップしていきたいと思いますので、どうぞお付き合いください(^^


さて、今回は「まるう商店」。
まさに当社から歩いて20秒という、あまりに近隣過ぎるおすすめ店舗です!


新鮮な魚料理がとにかく安くて美味しい(^^)
ただ、あまりに料理のボリュームが多いので、二人等の少人数で行くより、みんなでワイワイ行くことをお勧めします!(二人で行ったことありますが三品ぐらいしか注文できなかった・・・)

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14015237/

ぜひぜひ、会社の打ち上げ、スポーツサークルの打ち上げ、合コン等にお使いくださいませ!

ここは外さないです(^^

生産緑地の問題について考える[ブログ]

投稿日時:2017/10/08(日) 08:44


こんにちは!


神奈川県横浜市の不動産鑑定事務所「あかつき不動産サービス」です。
特に相続、同族間売買、立退料の評価に強いのが特徴です(^^)



最近、生産緑地に関するご相談をよく頂戴します。
よく「2020年問題」と言われます。
まずは生産緑地制度に関してはこちらをご覧ください。

https://www.mlit.go.jp/crd/park/shisaku/ryokuchi/seisan/

不動産業者さんの動きも活発となっており、2020年に向けた宅地化の動きは活発にはなっています。
しかし、生産緑地の延長もできることとなりましたし、すべてが宅地として供給されるわけではなく、また地域による選別も行われるため、「宅地の大量供給→地価下落」と考えるのはあまりにも安易ではないかと思います。

まずはその土地をどう活用し、将来的にどのように所有権を移していくのか(相続を含む)。

そこをきっちり考えたうえで取り組まれるのがベターと考えます。


まだまだ時間はあります。
焦らずじっくり考えていきましょう(^^)



 

●不動産に関するお悩み、気軽にお問い合わせ下さい!(^^)/


↓お問い合わせフォームはこちら
http://ak-service.co.jp/inquiry_detail/id=1

↓フリーダイヤル
0120-786-213(悩む 不動産)

 

タワーマンションは南向きが危険!![ブログ]

投稿日時:2017/03/14(火) 13:43

こんにちは!

神奈川県横浜市の不動産鑑定事務所「あかつき不動産サービス」です!

 

 

知り合いの女性に「タワーマンションの上層階を買いたいのですが、やはり南向きが良いですか?」
と言われました。

 

ですが、知っている人にとっては当たり前の話なのですが、

上層階ならむしろ北向きぐらいの方がよいというのが個人的な意見です。
                              

 

何度か不動産鑑定の仕事で調査でそういった物件を訪れずれている経験上、一番人気のある「東南角部屋」なんて、日当たりが良すぎて灼熱地獄。


24時間、365日オフィスのように空調を入れて過ごしたり。カーテンでひたすら閉め切ったり。

 


                                                          
で、高層階の窓は風が強いので空かないのが通常(空いたとしても開閉が実質上困難)なので、常に虫メガネで太陽光を当てられているようにジリジリと焦がされ続けるイメージ。

ステータス性はあるのかもしれませんが、自分だったらちょっと敬遠しますね。
                                   

でもこんなことでも一般の方はよく知らないものですよね。購入する際に販売元、仲介業者がデメリットを説明されないから。
                            

最終的には、タワーマンションの最上階に住んでいたら顔も焦げてしまい、自分のような色黒の人間がたくさん増えてしまうことでしょう。
もしかして、僕の祖先は、太古の昔から貴族で、ずっとタワーマンションに住んでいて、だから顔が黒いのかもしれません。


「竪穴式タワーマンション」みたいなね。ふふふ。

                              

 

でも一般の方と不動産の話をしている時、とても自分も勉強になります!      

「業界の常識は、一般の人にとっての非常識」

こういった一つ一つのやり取りが、自分の経験値を高めてくれます。

 

                                      
見た目はかりんとうのように焦げて細いけど、エネルギッシュに仕事するためにアースジェットを飲んで今日も頑張ります!

では!
201703141345_1-300x0.jpg

中古の家を高く売るために[ブログ]

投稿日時:2017/01/29(日) 17:45

こんにちは!
神奈川県横浜市の不動産鑑定事務所「あかつき不動産サービス」です。


最近は少し暖かいですねー。
昨日は陸上競技場でたっぷり走りました(^^)



中古となったご自宅を売りたいと思っていらっしゃる方も多いと思いますが、
今回は売主として気をつけること、やっておくべき事を数点挙げます。

 

中古物件の売却の成否は、内覧者の第一印象に大きく左右されます。
特に一般の方ではなく業者に買い取りを依頼する場合、相手は不動産のプロですので、物件の印象はあまり関係なく、築年数、広さ、駅距離などでほぼ自動的に希望買い取り価格が出てきます。
 

しかし、一般客に売却する場合は「ここに自分が住みたい!」と直感的に思っていただけるような印象作りが大切になります。

現在住みながら売却をする場合も、生活感丸だしの状態ではなかなか良い印象は持ってもらえません。できる限りものを減らしきれいにしましょう。特に子供のおもちゃ、家族写真、ゴルフ用具など売主のプライベートを連想させるものは見せない方が無難です。


壁床に穴が開いていたり傷がある場合は補修しておきましょう。ルームクリーニングも業者に依頼して清潔感を出しておきたいところです。費用はファミリー向けマンションなら10万前後が一般的ですが、早期、高値売却を目指すなら、このくらいの投資は必要になります。難しい場合は、床と水回りをきれいにするだけでも印象は大きく変わります。


モデルルームを作るようなイメージで臨みましょう。数多くの物件を見てきていますが、相手はそうではありません。
多くの方が「今日が初めて」です。
第一印象の大切さは、人間と一緒ですね(笑)


このあたりにぜひ注意してみてください!

不動産を高く売るためには?[ブログ]

投稿日時:2017/01/21(土) 11:48

こんにちは!

神奈川県横浜市の不動産鑑定士事務所「あかつき不動産サービス」です!


少々久々のブログとなってしまいました。。
 

昨日は都心は雪の予報でしたが、ほぼ降らずに終わりましたね。でも寒かったですが!

それでも頑張ってトレーニングしましたよ!

 

              

 

さて、今日は「不動産の売却」に関するお話を簡単に。

 

 

●不動産を高く売るためには

 

不動産を売却する方法として一般的なものとしては、以下の①②が挙げられます。

 

①不動産業者と媒介契約(仲介として売却を依頼する契約)を締結し買主を見つけてきてもらう方法

②不動産業者自身買い取ってもらう方法

 

②は①に比べると価格は安くなる(転売して利益を得るため)半面、すぐに現金化できるメリットがあります。

 

自動車でいえば下取りのようなイメージです。

急いで売却したい場合、古くなって手直しに費用がかさみそうな場合等はこちらがよいかもしれません。

 

①は買い手を見つける分時間がかかることもありますが、比較的高値で売れる可能性があります。

媒介契約には一社に任せる「専任」と複数社に任せる「一般」があります。一見一般の方が良く感じますが、仲介手数料はどの形態でも同額の成功報酬ため、他社でも決まってしまう可能性がある一般媒介の案件には不動産業者は広告費をかけずに済ませようという傾向があります。

 

まずは信頼できる会社と「専任」契約を締結し、成果が出なければ「一般」に切り替え、という流れがオーソドックスですが、不動産価格を査定していただく際に極端な高値を提示する業者には注意が必要です。「うちならばこの価格で売れますよ」などどとりあえず気を引き、専任契約でお客様を囲い、その後「やはりこの値段では難しい」と値下げを提示してくる可能性があるからです。

 

不動産には「相場」があるために、いくらいい物件でも「たまたまそのエリアやマンションをピンポイントで探していた」などの人がみつからない限り、相場を逸脱した高値で売ることは難しくなります。レインズ(不動産情報データベース)などで周辺相場や取引事例をしっかり開示してもらいましょう。

それが難しい場合には、不動産鑑定士に相談してみるのもありかなと思います(^^)


 
次へ>>

<< 2018年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31