ブログ 2015/9

次へ>>

都心の空家率[ブログ]

投稿日時:2015/09/30(水) 17:19


こんにちは!
木曜日担当の藤田です。


総務省統計局が
「平成25年 住宅・土地統計調査」
というものを公表していることをご存知でしょうか?

http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/


5年ごとに公表されるこの調査は、日本の住宅と土地について、その居住や保有の現状と推移を様々な切り口から分析しています。

また、その中から住宅数と空き家数にかかわるいくつかの項目を用いることで、空き家率が計算できます。


こうして細かく見てみることで、いろいろ気づくことがあるものです。

例えば、
・東京の空き家率は、賃貸物件の空室率の影響が大きい。(23区は全体の52%が賃貸物件、全国では38%。)
・賃貸物件の空室率がかなり高い。特に豊島区、大田区、中野区等。
・千代田区、港区等、都心の空き家率は高いが、相対的には、特に賃貸以外について顕著な傾向。


上記の一番最後の部分ですが特に非賃貸(持ち家等)の空室率が港区・中央区・千代田区という都心三区でも非常に多いのです。


空家になれば、保有している固定資産税等の税金がかかるため頭を悩ませる問題かと思います。


住む人がいなくなった家、いずれ相続でも問題になる種だと思います。
対策はぜひ専門家に相談してください!


僕の心も、常に皆様のために「空家状態」で待っていますので。ふふふ。

神奈川県記録更新しました[ブログ]

投稿日時:2015/09/27(日) 21:23

こんにちは!


今日は甲府市まで行ってまいりました。
「山梨マスターズ記録会」というマスターズの試合に出るためです。



10/31・11/11で開催される全日本マスターズ選手権に向けて、ぼちぼち最終の追い込みになります。
ということで記録狙い。

・・・・しかし、朝から頭が痛く、体がだるく。。

棄権も考えましたが、とりあえず400mに集中することに。
(※200mは棄権)

ウォーミングアップ時もなんだか優れず「こりゃダメかな」という感じでした。


・・・・しかし、いざ走ってみると前半からリラックスしてスピードに乗れ、ぶっちぎりでゴールイン。


タイムは52秒11

M40(40歳~44歳の部)の神奈川県記録を更新しました(^^♪

M35(35歳~39歳の部)に続き神奈川県記録樹立です!


さらに、今年のM40クラスでは、現時点でおそらく日本ランキング1位か2位だと思います!
例年の世界ランキングでも25位ぐらいには入るタイムじゃないでしょうか。



全日本マスターズでは51秒台狙います!そして悲願の初優勝を!


 

川島なお美さんの死に際して思うこと[ブログ]

投稿日時:2015/09/24(木) 21:31

 

女優の川島なお美さんが昨日、ガンで亡くなられました。
                                        

最後はあれだけやせ細っていたのにとても気丈に、最後まで「女優」で有り続けた姿は立派だったと思います。
                                    

正直、あれだけ痩せてしまったら正直無理だろうなとは思っていました。

どうしても自分のなくなった姉に被るからです。
姉の話は、毎年命日やら誕生日やらでちょこちょこ書くので
「またその話か・・・」
と思う方もいるかもしれません。

でも、敢えて書きます。今回は長文で。
                                          

自分の姉は39歳で亡くなりました。その時弟である自分は30歳。学年で10違う歳の離れた兄弟でした。
兄弟喧嘩もしたことがなく、彼氏のデートに僕を連れて行くぐらい仲が良かった兄弟でした(今にしてもうとなぜなんだろうと思いますが・・・)
                                          

25歳で息子を出産するも、その後離婚して母子家庭になりました。
姉はとにかく病院が嫌い・・・そしてなにより母子家庭だったので自分の体調が悪いことはなんとなく気づきつつ、それでも毎日必死に働いていました。

                                        

ところが39歳のある日、バケツ一杯ぐらいの大量の血を口から吐きました。
余命三ヶ月の胃がんでした。
みるみるうちに体は痩せ、最後は身長162センチ、体重は実に32キロでした。

それでも生きる希望を失わなかった。
                                       

川島なお美さんもそうですが、人は自分が死の恐怖に直面したとき、身近な人・応援してくれる人のために生き続けようというエネルギーが溢れてくるものなのかもしれません。
                                        

川島さんの場合は旦那さんのため、ファンのため。

                                     

そして自分の姉は、子供のため。
当時、もはや自力で歩くこともできませんでしたが、息子の中学校のサッカー部の引退試合を見るため、車で乗せていきました。
そんな体をほかのPTAに見られたいはずもなく、離れた場所から車の中でこっそりと。
亡くなる10日ほど前のことでした。

僕が不動産鑑定士の試験に合格したばかりだったこともあり、親しい友人に
「もうこの体では立ち仕事はできない(葬儀関係で働いてました)。弟が将来独立開業したら事務員として雇ってくれないかな。まだまだ頑張らないと」
と言っていたそうです。
全く生きることを諦めませんでした。
そんな姉が亡くなる前日に「今までありがとう。感謝してるよ」と。さすがに死を受け入れざるを得ない瞬間が来たのだなと。

                                       

そして姉はなくなりました。5/3に余命3ヶ月と宣告を受け、なくなったのは8/2。
皮肉なことにぴったり3ヶ月でした。
この三ヶ月間、仕事が終わると少しでも姉と過ごしたくてまっすぐ帰りました。短かったけど濃密だった。
                                   

生前の姉の言葉を聞いて僕は「5年以内に独立しよう。そして姉の写真を会社に飾ろう、第一号の事務員さんとして」
と決め、ちょうど5年後の35歳の時に独立開業しました。
                                      

死に直面した時の人間の気持ちの強さ。誰かの為に何かを残そうとする意志の強さってすごいものだなと。
生きたくても生きれない人もたくさんいる中、本当に健康に生んでもらった自分は、残りの人生を悔いなく全うしたいなと、そんな気持ちになりました。

・・・・・川島なお美さんのご冥福をお祈り申し上げます。

不動産の分割方法[ブログ]

投稿日時:2015/09/24(木) 09:24

おはようございます!
木曜日担当の藤田です。

相続時に一番困るのは「不動産」だと思います。
どのように分けたら良いか、またそもそも換価したときにどの程度の価値があるのかが非常に把握しづらいものです

例としてですが・・・
親の遺産が自宅しかなく且つ相続人が複数いる場合の自宅の分け方には大きく分けて自宅を残すか、売却するかという選択を前提に4つの方法があります。

<自宅(不動産)の遺産分割方法>

●自宅を残す 
①現物分割 
相続人1人が単独取得する
土地を分割して分割後の土地をそれぞれ単独取得する

②代償分割
相続人の1人が自宅を単独取得し、他の相続人は自宅を相続した人 より不動産に代えて相応の金銭を取得する

③共有 自宅を相続人共同で取得する

●自宅を売却する 
④換価分割 売却代金を相続人で分ける

                                 

細かい話は置いておいて、いずれの方法をとるにせよ、一度不動産鑑定士による時価(現時点での処分価格)を相続対策として把握しておくことをお勧めいたします。

相続対策は「まだ自分たちには早いかな・・・・」なんて思っているとあっという間に必要な時が来てしまうものです。

・・・僕も永遠の高校生だと思っていたら、あっという間に40歳すぎてしまいました。
きっとあっという間に元気な80歳になっていることでしょう。
でも顔だけはますますしわくちゃになって、よりラクダに近くなるでしょうね。

「相続は ラクではないが 顔ラクダ」
・・・意味のない一句でしたね。ふふふ。

ぜひ気軽にご相談ください!

201509232125_1.jpg

アジアマスターズ金メダルから一年。[ブログ]

投稿日時:2015/09/23(水) 19:29

 

今朝気づきましたが・・・
 

一年前の今日は、アジアマスターズ選手権の4×400mリレーで日本代表にしてもらい、金メダルをとった日でした!(^^)/
                                       

個人的には、去年・一昨年と完全なスランプ(さらにその前の年はケガで一年試合出れず)で、今年の自分よりもタイムが悪く、

「こんなタイムで日本代表に選んでもらうなんて恥ずかしい・・・・」

と本当に思ってました。
後ろめたい気持ちが心の半分ぐらいを占めていました。
                                      

でも、走ってよかった!!
やってみて見えた世界もあるなと思いました。
成長できた部分もある。

・・・・メンタルの弱さだけは成長しないけどね。ふふふ。
                                            

二位のインド選手がレース後に抱き合って来たら、間違って運営の人にインド選手として表彰台に上げられそうになったのも良い思い出です。
インド人、嘘つかない(意味不明)。
                                      

今年は個人としてパフォーマンスを上げ、来年またリレーで代表に選んでもらえるように精進したいと思います!
                                        

動画は去年のアジアマスターズのリレー(藤田は2走)

 
                                     

なぜか一つ下のM35クラス(35歳~39歳の部)の日本代表チームと一緒に走ることになり、「噛ませ犬か!?」的な感じでしたが最後逆転勝ち。

                                        

自分でもほぼ一年ぶりに動画見ました。やっぱり何か自分に自信が持ち切れなかったので。。

 

 

レース的にはドラマチックだけど、自分の走りは今年と比べちゃうとね・・・・でもあの時点での精いっぱいでした。

 

 

だから今年、個人で結果出します!自分に自信を持てる結果を。

次へ>>

<< 2015年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30