ブログ

借地権について② [不動産鑑定を学びましょう!]

投稿日時:2017/12/07(木) 08:18


こんにちは!

「神奈川県横浜市」「不動産鑑定士」といえば「あかつき不動産サービス」です!
神奈川・東京はもちろん全国対応しているフットワークの軽い不動産鑑定士です!


さて、今回より具体的な話に入っていきたいと思います。
まずは借地権の概要から(^^)

借地権には「借地借家法に基づく借地権」と「民法上の借地権」があります。
前者は、「建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権」です。

分かりやすくいうと
「第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てられる権利」となります。

借りる人の事を借地権者と呼びます。
貸す側の地主さんは借地権設定者や底地人とも呼びます。

地主さんには土地を借りる対価として借地権者は毎月地代を支払います。
「借地借家法に基づく借地権」には種類があり、「土地の賃借権」「地上権」という形態が一般的な借地権と言われるものになります。

一方、「民法上の借地権」は、建物所有を目的としない土地の賃貸借です。月極駐車場や資材置き場などがこれに該当し、民法の規定が適用されます。
これ以降で解説させていただくのは「借地借家法に基づく借地権」となります。
  

借地権のメリットとしてあげられるのは、
・借地人は土地に対する固定資産税、都市計画税がかからない
・所有権をの土地を購入するより安価である
・借地権付建物として借地権の権利を売却する事可能である
等が挙げられます。


ただし、建物は自分のものとなりますが、あくまでもその下の土地(底地)は地主さんのものとなり。
そのため地代の発生や土地賃貸借契約上・借地借家法上で地主さんとの間にどうしても様々な制約が発生してしまうデメリットも存在します。
 

例えば
「増改築や名義変更等に伴い各種手数料が発生する」
「売却や譲渡、増改築には地主様の承諾が必要」

また売却する際も、所有権に比べ土地を借りるだけの権利なので資産価値は低くなってしまいます。


今回はここまでとさせていただきます(^^)




●不動産に関するお悩み、気軽にお問い合わせ下さい!(^^)/


↓お問い合わせフォームはこちら

http://ak-service.co.jp/inquiry_detail/id=1


↓フリーダイヤル
0120-786-213(悩む 不動産)

<< 2018年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30