ブログ

生産緑地の問題について考える [世の中のいろいろ]

投稿日時:2017/10/08(日) 08:44


こんにちは!


神奈川県横浜市の不動産鑑定事務所「あかつき不動産サービス」です。
特に相続、同族間売買、立退料の評価に強いのが特徴です(^^)



最近、生産緑地に関するご相談をよく頂戴します。
よく「2020年問題」と言われます。
まずは生産緑地制度に関してはこちらをご覧ください。

https://www.mlit.go.jp/crd/park/shisaku/ryokuchi/seisan/

不動産業者さんの動きも活発となっており、2020年に向けた宅地化の動きは活発にはなっています。
しかし、生産緑地の延長もできることとなりましたし、すべてが宅地として供給されるわけではなく、また地域による選別も行われるため、「宅地の大量供給→地価下落」と考えるのはあまりにも安易ではないかと思います。

まずはその土地をどう活用し、将来的にどのように所有権を移していくのか(相続を含む)。

そこをきっちり考えたうえで取り組まれるのがベターと考えます。


まだまだ時間はあります。
焦らずじっくり考えていきましょう(^^)



 

●不動産に関するお悩み、気軽にお問い合わせ下さい!(^^)/


↓お問い合わせフォームはこちら
http://ak-service.co.jp/inquiry_detail/id=1

↓フリーダイヤル
0120-786-213(悩む 不動産)

 

<< 2018年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30